平たく言えば、「学問」を学ぶか、「専門知識」を学ぶか

就職率の違い

採用者サイドの視点

新卒を採用する企業が「大卒」を求める理由は、実は曖昧です。
「即戦力」といった意味では、「専門卒」の方が有利ではないかと考えられますが、「大卒」を求める企業の割合は高いのではないでしょうか。

また、「進学率」からも見える通り、昨今は「大学全入時代」とも言われ、専門学校への進学率よりも大学への進学率が多くなっており、「大卒」が当たり前のようになってきています。

企業としては、優秀な人材を採用したいはずで、専門学校の倍の時間を勉強に費やした、優秀であろう「大卒」を応募条件に加えるという傾向があるようです。

また、「大卒」を応募条件としていない企業も、初任給は「大卒」より「専門卒」の方が、低く設定されていることが殆どです。

「既卒」の場合

新卒でなく、「既卒」の場合の応募条件はどうでしょうか。

この場合も、「大卒」が求められることが、実は多いのです。
中途採用の場合は、即戦力を求めているはずなので、学歴を問う必要が無いようにも思います。
「大卒」を条件としている理由は何故でしょうか。

この理由も、曖昧な場合が多いようです。
「学歴不問」として応募すると、募集が殺到しすぎて、業務に支障が出てしまい、「大卒」を条件に入れた、などという話もどうやらあるようです。

これは、「大卒」人口が増えたための、弊害とも言えるのかもしれません。
本来は、「学歴」ではなく、「人物」を重視した方が、企業も良い人材を確保できるのでしょうが、その「人物」を見ることが短時間では難しいため、分かりやすい「学歴」で判断するしか方法がないとも言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る